logo

Omotenacism for women女性のためのオモテナシズム

当事者意識とポリシーを持つ!

2020年1月23日

ジャンプする女性この年末年始には、世界の若い世代が地球温暖化に関して声をあげて活動していることが大きく取り上げられていました。

それも大切だけどお金を動かしていかなくてはならない、やるべきことがあるんだよ、となだめようとする大人がいても、若者を動かしているのは当事者意識です。

現実的であろうとして、目先のことしか考えていないのが大人です。

 

では、女性の活躍についてはいかがでしょうか。年末年始の3つの指標に私の目は留まりました。

 

世界男女平等指数。日本は153か国中121位。

2019年の年末の結果です。これだけ女性活躍推進が叫ばれているのに過去最低です。

中国、韓国、インドより遅れています。

 

日経新聞の女性の意識調査では、女性活躍推進が「進んだ」と感じている人は25%。

半数以上が「実感がない」という回答です。

 

最後に、こちらも1月の日経新聞による男女を対象とした世論調査。

「望ましい夫婦の形は?」という問いに対して53%が「主に夫の収入で生計を立て、妻は補助的に仕事をする」と答えています。

「夫婦ともフルタイムで働く」と答えたのは19%にしか過ぎません。

 

もちろん、調査は異なる人が答えているわけですが、活躍したいと思う一方、やっぱり夫が働いてくれたほうが楽、という女性もいるに違いありません。

そんな中で、揺れ動きながら毎日働いている女性もいるでしょうし、バリバリ働きたいという女性は足を引っ張られているかもしれません。

結局、日本の風土が変わらない限り、企業で皆さんが女性活躍推進を一生懸命勧めようとしていても、とても遅い速度でしか日本の女性の活躍は進まないでしょう。

そして、それは自分だけの問題だけではなく、娘たちに影響をおよぼすことになるのです。

アジアの国の中でも遅れている国のままでは、子供たちがかわいそうではありませんか。

 

私自身、ダイバーシティ推進をお手伝いする立場にありながら、ついつい、気が付くと男性の意見に追従していたり、飲み会ではサラダを取り分けていたりします(笑)

いや、矛盾しているなあと感じながら、とりあえずはうまくやっていくほうが大切だからと、発言と行動が一致していないと反省します。

こういう大人(年輩?)の女性が後輩の道を閉ざしているのかも知れませんね。

 

毎回言いますが、私のコラムを読んでくださっている女性は、既に活躍している方ばかりです。だからこそ、2020年はもう周囲の思惑で動くのではなく、自分が信じる正しい姿つまり自分のポリシー(信念)に忠実にどんどん我が道を行く勇気を持って欲しいと思います。

 

プラスチックが環境に悪ければエコバッグに変えるように、マインドも徹底しなくては、社会は変わりません。

だから、自分がどうありたいのか、2020年の年頭、自分のポリシーを確認して2月を迎えてくださいね。

(YK)

参考:男女平等指数 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53440060X11C19A2EAF000/

主張する女性はかっこいい

2019年12月22日

サンタクロース最近、テレビのニュースキャスターのメインを女性がつとめているケースが増えています。

やはり女性のほうが華やかで、視聴率が取れるからかなと思っていたのですが、見ているうちにそれとは別のメリットに気が付きました。

女性がニュースを伝えるとき、男性キャスターより、より怒りや共感がストレートに表れていて好感が持てると感じるのは私だけでしょうか。

女性は、何かを伝える裏に自分の思いを込めずにいられません。その長所が効果的に発揮されていると私は感じています。

 

今年はこのコラムでは、女性の改善すべき癖を取り上げてきました。その中にも「自分の成果を主張できない」そして「感情的すぎる」という習慣がありました。

 

気持ちを率直に伝えることは相手を動かす力もあります。重要なのは、その主張が自分のためだけ勝手な自己主張ではなく、皆が知っておくべきこと、皆のために発言すべきことであるかどうかなのではないでしょうか。

では、自分の成果は?と思われるかも知れませんが、自分がやったことも他人に共有すべきことであることを忘れないでください。

 

相手にきちんと伝えるためには、感情的であってはいけないけれども、そもそも、すべての人間の行っている社会活動の裏には、腹が立ったり、悲しかったり、嬉しかったり、という何かしら、感情があるはずです。

仕事は、そもそも自分にとっても誰にとっても幸せに人生を生きていくための手段なのですから、感情は隠すべきものではなく大切にするものですよね。

それを相手が動くように冷静に伝えるということが必要なのです。

 

 

社会でも、今年は、多くの声をあげる女性を目にしました。

環境活動家のグレタ・トゥーンベリさん、香港の民主運動リーダーのアグネス・チョウさん、性暴力被害の民事訴訟で勝訴したジャーナリストの伊藤詩織さん。

 

主張に賛同する人しない人がいるでしょうが、怒りや疑問を真摯に訴える彼女たちの言葉には心打たれます。耳を傾けようという気持ちになります。

彼女たちの発言はテレビの国会で目にするような男性たちの、曖昧でどうとでも取れるようなものではありません。自分の身を挺して、思いを伝えたいという姿勢が見えます。

 

それと比較すると、仕事場での発言は、注目を得るわけでもないし会社に大きな影響を与えるほどのことでもないかも知れません。しかし、働いている以上、自分が感じていること、考えていることを意見として出すことは義務であり責任です。

だから、遠慮なく、仕事で職場でも心に引っかかるものや、思いがあるのであれば発言していきましょう。

それが住みやすい職場や環境を作っていくのではないでしょうか。

来年はLet’s speak out !

(YK)