合同会社オモテナシズム

What is Omotenacismオモテナシズムとは

オモテナシズムは
お客様と経営者・社員が、物やサービスを通して
お互いに「もてなし」合い
シナジーを生む組織を作るお手伝いをいたします

「おもてなし」が起こす
好循環

「おもてなし」マインドが浸透した組織では、皆が生き生きと能力を発揮し、
革新が生まれます。
社員が楽しく働けば顧客志向の仕事が生まれ、社員と組織の価値が高まり、
皆が幸せな世界が実現します。

  • 顧客志向の仕事
  • 顧客価値が上がる
  • 業績向上
  • 社員への還元
  • 社員がHAPPY

「オモテナシズム」循環図

動画によるご紹介

オモテナシズムとは・
おもてなしとは何か

オモテナシズムが掲げる
「おもてなし」について

「オモテナシズム」とはビジネスの全ての場面において企業が消費者と思いを共有し社会に付加価値を生み出す世界観を指します。

オモテナシズム

「おもてなし」は一期一会の出会いにもてなす人が相手を想い仕度をし、客はその想いをくみ取り受け取り心を通わせ合って生まれます。

オモテナシズムによる「おもてなし」経営

成功している企業に
みられる特徴

成功しているあらゆる業種の企業は「おもてなし」の構成要素を明確に定義し、
顧客に見える形で表現しています。
また「おもてなし」の行動が行動規範に落とし込まれ、革新を生みCS・ESを実現しています。

「おもてなし」の構成要素

  • しつらえ
  • ふるまい
  • よそおい


ブランドを作るにはこの3つの徹底が不可欠です。

「おもてなし」のプロセス

  1. 舞台くつろげる空間を演出する
  2. 仕度準備を整えて客を待つ
  3. 仕掛け場のルールを共有する
  1. 舞台
  2. 仕度
  3. 仕掛け

一期一会とは
茶道に由来する言葉です。
茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味します。
一座建立とは
茶道や能楽で使われる言葉です。
お客さまを招く時には、できる限りのことをしてあげようと相手を想い工夫をこらします。
一方客は招いた者(亭主)の気持ちを汲み取り、それにそってふるまいます。
これにより招いた者と招かれた客の心が通い合い、気持ちのよい状態が生まれます。