logo

Columnコラム

共感力の効能~「いいね」は自分に返る~

2018年2月3日

SNSにあれだけ皆が夢中になれる理由、それは自分が興味を持ったことや感じたことに対して「いいね」と共感してもらえるからでしょう。

「アオシドリたちップした写真を良いと思ってもらえた」「気持ちをわかってもらえた」というような嬉しさや仲間意識です。

SNSをする人はたいてい自分の投稿に誰が「いいね」を押してくれたのか認識しています。そして自分に「いいね」をくれた人の投稿には「いいね」をお返ししています。

これは律儀な日本人に限ったことでもなくインスタグラムなどでも見知らぬ人に「いいね」を押すと「いいね」が返ってきます。

「いいね」と共感してくれた人には「いいね」のお返しがあるのです。

だから、たくさんの人をフォローしている人にはフォロワーも多くいます。

 

ここからわかることは「共感してもらうと誰もが借りが出来たような気持ちになる」ということです。

そして同時に自分に共感してくれた人は好きになるのです。自分と仲間だと感じるのかも知れません。

だから、人に好かれたいと思ったら、自分の良さを主張するのではなくまず相手に共感を示すことは得策ではないでしょうか。

一方的な人気者は芸能人でもない限りいないのです。

 

【共感力の効能】

①相手の味方だということを示す

②相手に心を開いてもらえる

③相手をいい気持ちにさせる

 

しかし、SNSとは異なり日常生活において「いいね」と共感してもらえることは、そんなに多くはありません。

簡単でもありません。「あなた素敵ですね」とはなかなか言いにくいですね。

SNSだけではなく、日常で「いいね」をどうしたら示せるのでしょうか。考えてみました。

 

 

【共感の示し方】

(1)相手の話をとことん聞く

傾聴のできる人は共感力が優れています。なぜなら、誰もが自分の話を聞いて欲しいものだからです。自分の話に反論もせずとことん聞いてもらえると「理解された」と感じることがのです。

そもそも誰もが自分のことが好きです。相手の話を聞くよりは自分の話をしたい。だからこそ自分の話を聞いてくれる人を好ましく思うのです。

自分はいつもしゃべりすぎると自覚している人は、意識して会話の30%しか話さない、あとは「聴くぞ!」と決めてください。

沈黙を恐れてはいけません。沈黙は相手が考えていることもあるので、良い話が聞ける前触れかも。じっと待つ忍耐も必要です。

 

(2)相手の言葉を繰り返す

人は自分の言葉を繰り返されると「聞いてもらっている」「理解してもらえた」と安心します。

単純なことですが、これが意外に難しい。反論しないで相手の言葉を繰り返す、というのは忍耐も必要となります。

親切な人ほどアドバイスもあげたくなって「聴いてあげるよ」と言いながら自分が話してばかりのこともありますね。

「会社辞めようかな」と言われたらどうでしょう。すぐに「辞めないほうがいいよ。まだ入社したばかりじゃないか」などとすぐに自分の意見を伝えていませんか。たいていの人が自分の考えを即座に伝えたくなるのです。

しかし話した相手はというと「ただ愚痴を言っただけなのに」「そんなことは分かっているけど」と反論したくなると同時にもう話を続けたくなくなります。ただ聴いて欲しかっただけなのに、かえって不愉快さが増したりするのではないでしょうか。

そこでこう言い換えてはいかがでしょう。「辞めたいと思っているんだ?」相手の感情を繰り返してみてください。

そう言われると、相手は気持ちを受け止めてもらえたと安心して心を開いてくれるでしょう。

 

(3)感情に共感する

誰かに何かを伝えるとき、人が期待するのはそれに寄り添う言葉です。

「今日お誕生日なんだ」と言ったとき「へー節分の日に生まれたんだ」だとか「いくつになったの?」と言われたらあまり楽しくありませんね。すぐに言って欲しい言葉はやはり「おめでとう!」の一言でしょう。

たとえば「今日、携帯なくしちゃって」と言われたらなんと返しますか。「すぐ届けたほうがいいよ」だとか「あ、あきらめたほうがいいね。出てこないから」と言っていませんか。不安のダメ押しをしていませんか。

困ったなあ、と思っているとき相手から欲しい言葉は「それは大変だね!」という共感でしょう。

 

「共感」はちょっと意識して訓練すれば、すぐに反応が返せるようになりますよ。

今日から、現実の世界でも「いいね」をたくさん返しましょう。

(YK)

 

タグ :